ギャングスタが斬る!

現役ギャングスタが時事問題その他を斬ります

ギャングスタが斬る!TOP


闇へのご案内~すすきの黒服、客引き体験録

 おれは18で函館の高校を卒業したあとは地元七飯を離れて札幌の音楽専門学校に進んだ。そこを2年で卒業したあと路頭に迷った。とりあえずは居酒屋でバイトを初めて糊口をしのぎ、その後いくつもの職を転々とした。その辺に関してはまた機を改めて書きたいと思うのでそちらに譲るとして、ともかくも何をやっても駄目で、長続きもせず、また糞みたいな待遇の仕事ばかりでは長く続ける意味も無く、このままではどう転がっても未来は闇であった。そこで転がり込んだ先が北日本最大の繁華街、すすきのであった。

続きを読む

闇へのご案内~すすきの黒服、客引き体験録6

第1話→

闇へのご案内~すすきの黒服、客引き体験録 - ギャングスタが斬る!

 

 またしても前回の更新から大きく間が空いたので同じ事をもう一度書くかも知れないがご了承いただきたい。

続きを読む

北海道胆振東部地震体験記・北海道七飯町にて1

9月6日の午前3時7分、おれは寝もせずにまだ起きていた。函館の工場で世を忍ぶ仮の仕事をしているおれは4勤が終わったあとの2休の二日目で、次は夜勤だった。パソコンデスク前の椅子に座りながらDTMをしていたか小説を書いていたかエロ画像収集に励んでいたかは忘れた。

続きを読む

「ひとりの作家にはひとつのジャンルが有利だ」に対する反論

先立ってTwitterにて氏のこのような言説を目にした。

ひとりの作家にはひとつのジャンルが有利だ。同じ名前で多ジャンルを書くと客がつきにくい。善し悪し関係なく、以前書いた別ジャンルが足を引っ張るのだ。多分ジャンルひとつごとに別ペンネームを持つのが一番正解なのだろうと思う。(無理

続きを読む

【書評】日本人漂流記(上)川合彦充

  江戸時代に海で遭難し漂流の憂き目に遭い、主に海外に流れ着いた日本人の記録を集めたもの。これを読むと日本人漂流しスギィ! ってくらいに漂流していて驚かされる。それでも陸路でものを運ぶよりは海運した方がはるかに効率が良いのだろう。

 リスクを負いながらも効率的な交通を選ぶという点では現代の自動車と交通事故の関係にも通じるものがある。

 それにしても漂流者は太平洋やオホーツク海や日本海などの大海原を当てもなく漂い、その日数は数ヶ月や、長いと一年以上、最長記録は実に484日で、これは世界最長記録だという。

続きを読む